土曜・日曜日・祝日も夜8時まで受け付け

ひたちなか市の背骨・骨盤矯正専門整骨院

プロフィール

横須賀 操のプロフィール

プロフィールページをご覧いただきありがとうございます。

横須賀操の性格や仕事に対する思いなどを少しでもご理解いただけたらと思って書きました。

 

横須賀操の学生時代

私は小学生のときは勉強より運動が好きで、全く勉強をしないで外が暗くなるまで家に帰らず遊びまわっているような小学生でした。

中学生になると部活を何にしようか迷っているところ柔道部の顧問の先生に誘われて柔道をはじめました。

柔道部に入部すると柔道の面白さにハマり夢中になりました。

元々勉強が大嫌いだったので柔道で進学すると決心して練習づけの毎日を送りました。

努力のかいがあって全国大会にも出場できて高校進学は柔道の名門校に進学することができました。

高校でも柔道づけの毎日でしたが高校3年生のときのインターハイ全国大会、団体で優勝することができたことは今までの良い思い出です。

その後大学も柔道を生かして進学することができました。

しかし大学時代はケガの繰り返しで苦しい思いをしてばかりでした。

 

この仕事を始めたきっかけ

柔道を長い間していて沢山のケガを経験しました。

そのときに何度も通った接骨院でお世話になった先生と接しているうちに先生を尊敬して憧れるようになりました。

「憧れの先生のようになってさらに自分のケガの経験も生かしながら患者様の力にになれる柔道整復師になりたい」と思うようになっことがこの仕事ををを目指すようになったきっかけです。

 

体調を崩す

専門学校を卒業して東京の整骨院で修業していてときに手術が必要なほど体調を崩して入院するという経験をしました。

自分で思っている以上に状態は悪く、仕事に復帰することができない可能性があるところまで身体は悪くなっていて回復することができるかどうかとても不安で苦しい思いをしました。

なんとか身体は回復して仕事を続けられるようになって健康でいられることのありがたさ知ることができました。

今では自分の体調を崩した経験は患者側の体調を崩した時の気持ちを知ることができたことはとても大切な経験で仕事に生かせる財産となっています。

 

現在の治療法を学んだわけ

修業する毎日を送りながらも仕事にいま一つ手応えが感じることができなくて、自分が行う施術に柱になる方法を身に付けたいと思っていました。

中々見つからず迷っているときに知り合いの先生から現在の治療法を学びながら働かないかと誘われてお世話になりました。

こちらで技術を多く学ばせていただきながらその他に患者様の症状を診るのではなく人間自身を診るということという重要なことを教わりました。

また治療家としての考え方や心構え、人としての正しい生き方についても学ぶことができたことは私の宝となっています。

 

みなさんに一番伝えたいこと

 

どんなに体調が悪いときでも身体は24時間一番良い状態を保とうと頑張り続けてくれています。

あなた自身の身体が良い方向へ向おうとしているところを邪魔をしている要素を取り除いて本来身体が持っている回復させる力が一番よく発揮できるようにサポートすることが私の役目だと思っています。

つらい症状に悩まされている方、あなたの症状に対して正しい施術と身体が良い方向に向かうために必要なことを生活に取り入れていただけば身体は少しずつ反応して変化してきますのであきらめないでください。

 

 

Copyright© 栄 町 整 骨 院 , 2019 All Rights Reserved.